小竹向原眼科クリニック

小竹向原眼科クリニック

ご予約は
こちら

Medicalスポット・
ビジョンスクリーナー

スポット・ビジョンスクリーナー




乳幼児からの眼科検診「ビジョンスクリーナー」(保険診療)

スポットビジョンスクリーナーは6ヶ月以降の乳幼児から検査可能です。屈折異常(近視、遠視、乱視)斜視を迅速に検査出来ます。

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ、明るさがわかる程度といわれています。いろいろなものを見ることで視力は発達し6歳くらいで1.0に達するとされています。もし視力の発達の途中でものをくっきりみることが出来ない状態が続くと、弱視 (眼鏡をかけても視力がでない) となってしまいます。この視力発達時期に早期発見し治療することが重要です。



1 ビジョンスクリーナーは、6ケ月以降の乳幼児の屈折検査を瞬時に行うことができます。

特徴1

2 直接眼に触れることなく、1メートルの距離から検査可能。両目同時に迅速に測定できます。

特徴2

3 視力の発達は6歳くらいまで。それまでに早期発見し治療することが重要です。

特徴3
一度に両眼の検査可能

お子様のしぐさや動作や目の外観から下記の症状が見られたら、どうぞお気軽にご相談ください。


  • たまに目線がずれることがある
  • いつも頭を傾けてものを見ている
  • テレビを前の方でみるようになってきた
  • 片方の目(よく見える方の目)を隠すと嫌がる
  • 目を細めることが多くなったような気がする
  • 絵本を見たり、読んだりすることが飽きっぽくなった気がする
  • 昼間に屋外へ出ると眩しそうに目を細め、片方の目を強くつぶる
  • まっすぐ走ることが苦手で、自然とどちらかに曲がってしまうことがある