小竹向原眼科クリニック

小竹向原眼科クリニック

ご予約は
こちら

Medical小児眼科

小児眼科

弱視

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ、明るさがわかる程度といわれています。その後、いろいろなものを見ることで視力は発達し、6歳くさいで1.0に達するとされています。個人差はありますが、3歳くらいになればある程度検査ができるようになります。

眼精疲労

視力が発達するためには、ものを見る事が最も重要です。もし視力の発達の途中で、ものをくっきりみることが出来ない状態が続くと、弱視(眼鏡をかけても視力が出ない)となってしまいます。この視力の発達時期に早期発見し治療することが重要です。

弱視の主な原因は遠視と斜視です。
お子様のしぐさや動作や目の外観から下記の症状が見られたら、どうぞお気軽にご相談ください。

  • たまに目線がずれることがある
  • いつも頭を傾けてものを見ている
  • テレビを前の方で見るようになってきた
  • 片方の目(よく見える方の目)を隠すと嫌がる
  • 目を細めることが多くなったような気がする
  • 絵本を見たり、読んだりすることが飽きっぽくなった気がする
  • 昼間に屋外へでると眩しそうに目を細め、片方の目を強くつぶる
  • まっすぐに走ることが苦手で、自然にどちらかに曲がってしまうことがある

当院ではお子様がなじみやすいように待合室にキッズスペースを設けています。怖がらずに楽しく検査が受けられるように対応を工夫しています。

学校健診で視力低下を指摘されたら

視力検査

正確な視力を眼科ではかり直しましょう。お子様は調節する力が非常に強いため、目薬を使い調節できない状態にして近視なのか、遠視なのか近視も遠視もないのか測定する必要があります。(点眼から1時間くらいお薬が効くまでかかります。)


仮性近視

過度の調節により近視でないのに通常の検査では近視が出てしまう状態で、調節を取る目薬により近視は検出されません。治療は調節を取る目薬を夜1回点眼します。調節の緊張を緩和する機械(ワック)も有効です。

近視

近視は正常より目の前後の長さ(眼軸)が長く、網膜の手前でピントが合ってしまう状態です。

眼軸の長さは成長とともに伸びていきますが、角膜や水晶体も変化し全体のバランスが調整されます。これらのバランスが崩れると近視になると考えられています。

  • 視力回復:初期の近視や仮性近視はワックを見ることで視力回復が期待できます。お試しください。
  • 近視進行予防:当院では近視進行予防に効果のある0.01%アトロピン点眼を処方しております。ご希望の方はクリニックまでお問い合わせ下さい。