小竹向原眼科クリニック

小竹向原眼科クリニック

ご予約は
こちら

Medical緑内障

実績の10万件私は眼科件検診にて10万件の検診を担当し、約500例の緑内障を発見しました。緑内障の早期発見は小竹向原眼科クリニックにお任せください。

緑内障とは

眼圧により視神経が障害され、視野(見える範囲)が欠けてくる病気です。
緑内障は失明原因の第1位です。40歳以上の約20人に1人が緑内障です。

正常眼圧緑内障は自覚症状がないため眼科検診を受けていない方の場合は緑内障になっても気付くことが難しいです。緑内障の9割の方が未治療と考えられています。

緑内障

緑内障は眼圧の上昇などにより目の神経が侵害されて視野(見える範囲)が欠けて狭くなる病気です。目の神経の強さは人によって異なるため、眼圧が低くても神経が侵害されることがあります。


初期
目の中心をやや外れた場所に視野欠損(見えない部分)が起きます。中心はしっかり見えていますので視力は良好です。
中期
少しずつ視野欠損は拡大しますので自覚症状は出にくいです。
末期
視野欠損は拡大し視力低下を起こします。

視野障害の進行(右目)

視野異常があっても、両目でカバーしたり目を動かしたりするため自分で視野異常に気付くことは難しいです。 緑内障は放置すると視野がどんどん欠けて失明に至る病気です。早期発見、早期治療が重要です。

緑内障早期発見のポイント

  • 緑内障の視野障害は日常生活で気づかないうちに慢性にゆっくり進行し失った視野は元に戻りません。40歳以上に多い病気ですのでご心配な方はご相談ください。
  • 自覚症状はないが、検診で緑内障疑い、視神経乳頭陥凹などの指摘を受けている方はご相談ください。
  • 内科で異常なしと言われてしまう頭痛、吐き気に悩まされていませんか?それは緑内障かもしれません。
  • 日本人では眼圧が高くないタイプの緑内障が多く眼圧チェックだけの検診は不十分です。検査は視力検査、眼圧検査、眼底検査、視野検査です。怖い検査、痛い検査はありません。
  • 視野検査は片目10-15分程度と少し時間がかかりますが、光を感じたらブザーを押していただくだけの比較的簡単な検査です。
  • 当院では視野異常を起こす前のごく早期緑内障を検出する視神経量の測定(網膜断層検査)をしています。検査のやり方は眼底写真撮影と同じで痛みはありませんが、眩しさがあります。
  • 早期診断、早期治療開始により、障害は最小限に留められます。
  • なんとなく見にくくなった、家族に緑内障の方がいる、頭痛、冷え性等の症状のある方は、一度、緑内障早期発見に経験豊富な小竹向原眼科へご相談ください。

クリニックの方針

眼圧を下げる作用のある薬による点眼治療で進行を抑えます。
1剤から治療を開始し薬の効果をみます。薬の効果には個人差がありますので、お一人お一人の状態をみながらより良い処方を考えます。点眼忘れの無い様に患者様のライフスタイルに合わせた点眼治療をともに考え提案させて頂きます。点眼薬が合わない等ございましたら遠慮なくお伝えください。
定期的に視力、眼圧、視野、網膜断層検査を行い進行がないかチェックをします。
検査結果は患者様にご理解いただけるよう丁寧な説明を心がけます。
セカンドオピニオン
セカンドオピニオンをという患者様は積極的に緑内障専門医をご紹介させていただきます。
治療を中断してしまったら
自覚症状がない為、治療を途中でやめ受診しなくなってしまったりする患者様もいらっしゃいますが、治療中断期間が長いと視野異常も進行します。遠慮せずに再診してください、ともに治療を再開しましょう。

緑内障についての文献をみる (PDF)