小竹向原眼科クリニック

小竹向原眼科クリニック

ご予約は
こちら

Medical眼精疲労

眼精疲労

眼精疲労とは

主に目を使う作業を続けることによって、痛みや重さを感じるのをはじめ、視界がかすむ、まぶたが痙攣する、まぶしい、充血するといった症状が出るほか、頭痛や肩こり、吐き気などの全身症状まで現れることもあるのが眼精疲労です。
また、眼精疲労は単なる疲れ目と違い、休息や睡眠を十分にとっても回復しづらいことが特徴です。

眼精疲労の原因と傾向

眼精疲労の原因は様々ですが、その中でも度数の合わない眼鏡やコンタクトレンズの使用、目に負担のかかる作業を長時間行った場合などに起きるケースが多くみられます。
また、緑内障や白内障の症状のひとつとして眼精疲労が現れることもあります。

眼精疲労

昨今は、仕事でもプライベートでも、パソコンのディスプレイに向かって作業をすることやスマートフォンの長時間使用などが一般的になっていることから、眼精疲労の症状を訴える患者様が非常に多くなっています。
さらに、全身疾患に伴うものやストレス・不安などの心因性のもの、生活環境にある化学物質の影響が眼精疲労の原因となるケースも見られるようになっておりますので、眼精疲労と思われる症状を感じた際には、いち早く原因を特定して治療を進められるよう、どうぞお早めご来院ください。

眼精疲労の治療方法

眼精疲労の治療は、まずその原因を排除することが重要です。
例えば、パソコンやスマートフォンを長時間使用することが多い場合には、適度な休息(1時間に1回、5~10分程度)をはさむようにしたり、度数の合わない眼鏡やコンタクトレンズが原因であれば新たに作り直すようにします。

当院では、眼精疲労の原因を特定した上で、症状に合わせた生活習慣の改善に関するアドバイスを行うはもちろん、必要に応じてビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬の処方も行っております。
また、眼鏡やコンタクトレンズについては、眼科専門医・国家資格のある視能訓練士・専門の検査員が連携して適切な処方を行っておりますので、ぜひご相談ください。